◆ ソフト一覧         サンプル画像 ⇒  固定資産台帳画面  事業者情報画面


【原価償却主任se  &  SD減価償却 のご案内】

減価償却主任se、SD減価償却 は「総合固定資産管理」ソフトです。固定資産台帳と一括償却資産台帳の作成によって、

@

資産種類別・事業所別・部門別の償却額の明細書、貸借対照表資料を作成します。

A

●法人税申告書別表

〔16(1) 定額法、16(2) 定率法、16(6) 繰延資産、16(7) 少額即時償却、16(8) 一括償却〕

●個人決算書(減価償却費の計算)

●償却資産申告書

を作成します。

全ての帳票を普通紙に印刷しますから、ランニングコストを低減できます。

減価償却主任se

SD減価償却

対応事業者数 

1事業者

複数事業者対応

価格 

¥8,000+消費税

¥12,000+消費税

ユーザーサポート

通常のバージョンアップは無料ですが、平成19年のように大幅な制度改正時は

  ・減価償却主任se     ¥2,500+消費税 程度

  ・SD減価償却    ¥4,000+消費税 程度

のバージョンアップ料を頂きます。

■ 仕様一覧 

1.基本設定
 

対応事業者

法人(会計期間12ケ月の法人)及び個人

償却額の管理方法

個別償却

対応事業者数

 / 事業所数

事業者 ⇒ ○○株式会社、有限会社凸凹、△□屋等

事業所 ⇒ 本社(本店)、○○支店、△△営業所、□□工場等

減価償却主任seは1事業者、SD減価償却は約3万件の登録が可能

約3万件の登録が可能です

部門設定

設定なし、2部門(製造・非製造)、3部門(製造・管理・営業)から選択

2.台帳

 

 

一括償却資産以外の全ての資産(非償却資産・繰延資産も含みます)を登録します。

所在事業所、資産種類・名称、取得年月、取得価額、残存価額、耐用年数等の基本情報及び部門配賦率(部門設定ありの場合)を登録します。

特別償却・割増償却に関する項目を登録します。

償却資産申告書に関する項目を登録します(申告年度の評価額は一括自動計算)。

当期の経理内容、税務処理内容 … 期首帳簿価額と償却月数を入力すると、償却すべき金額が表示されますから、これを基に当期の償却額を決定します。

当期の償却額を決定すると、その結果が償却実績・償却予定額(当期以後5年分)一覧表に反映されます。

登録件数制限 = 30,000件

一括

償却

資産

台帳

一括償却資産を1件ずつ登録しますが、償却額の計算(計上)は同一年度内に取得した資産の合計額に応じて行ないます。

一括償却資産についても、部門配賦が可能です(部門設定ありの場合)。

登録件数制限 = 30,000件

3.償却額の集計処理

資産種類別当期償却額明細

当期償却額について、個別償却額・資産種類別小計及び総計額の一覧表を作成します。

事業所別当期償却額明細

事業所別の当期償却額一覧表を作成します。ただし、1事業所のみの法人・個人の場合は無効です。

部門別当期償却額明細

部門別の当期償却額一覧表を作成します。ただし、部門設定なし場合は無効です。

月割償却額明細 資産種類別(複数事業所の場合は種類別かつ事業所別での条件設設定も可)の月割償却額及び年間償却額の一覧を作成します。部門設定ありの場合は、販売管理費・製造経費別の償却額を一覧表示します。
期首・期末増減表 法人の決算書附属明細様式の増減表です。

資産種類別期首・期末残高明細

貸借対照表形式で期首・期末残高明細を作成します。

4.税務処理

 

法人

法人税申告書別表 16(1)、16(2)、16(6)、16(7)、16(8) を固定資産台帳・一括償却資産台帳から自動作成

個人

決算書(減価償却費の計算)固定資産台帳・一括償却資産台帳から自動作成

償却資産申告書 ⇒ 26号様式及び 26号様式別表1(全資産申告)を固定資産台帳から作成。複数の事業所を有する事業者の場合は、申告書の提出先ごとに作成します。

5.その他

 

 

データファイル

データの外部保存及び保存データの読み込みができます(上書き更新です)。

印  刷

全ての帳票をA4普通紙に印刷します。印刷の状態は、印刷プレビューで確認できます。

■ 基本ソフト&ハードウエアー

基本ソフト(OS)

Windows XP(※)SP2以上、

Vista 7 、8 、10

 Windows XP、8 以降をご使用の場合

 タッチパネルには対応していません。従来通り キーボードとマウス による操作になります。

  ⇒ Windows Vista 以降のOSをお使いの場合

 .NET Framework (ドットネットフレームワーク)3.5 が インストールされていない場合は、

  ⇒ Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (フルパッケージ)

 を予めインストールするか

  ⇒  コントロール パネルを使用して.NET Framework 3.5 を有効

 にしてください。

CPUメモリ

(RAM)

OSの動作基準以上を満たすもの 

ハードディスク

インストール時 減価償却主任seは約 7.1MB、 SD減価償却は約 8.4MB の空き領域が必要

ディスプレイ解像度

1024(ピクセル) × 768(ピクセル)   以上

● フォントサイズはいずれも標準サイズでご使用ください。

Windows Vista、7  で縦方向の解像度が 768 の場合、タスクバーのアイコンは「小」にしてください。

プリンター

上下左右の物理マージンが7o以内であれば、プリンターの機種は問いません。A4プリンターで全ての帳票が印刷可能です。

Windows XP をご利用の場合 ⇒ .NET Framework (ドットネットフレームワーク)2 以上のバージョンがインストール済みになっていないと起動しません。次の手順で調べることができます。

 @ ⇒ C の順にフォルダを開いてください。 v2.0.50727 がインストールされていれば OK です。インストールされていないときは、 マイクロソフトの該当サイト  からダウンロードしてください。

@

A

B

C

試用期間 中は次の制限がありますが、試用期間の制限はありません。

起動時に、試用期間であることを示す画面が表示されます。

帳票類には「見本」の文字が印字刷され、紙面に「×」 印が引かれます。

■ 操作方法

減価償却主任se、SD減価償却 の画面で「ヘルプ⇒ガイドブック」をクリックすると、ガイドブック(操作マニュアル)が起動します。操作方法については、このマニュアルをお読みください。マニュアルは画面で読む他、あらかじめ全ページを印刷しておくこともできます。

■ ユーザーサポート

定期メンテナンス … 法人税・所得税の改正に対応するため、定期のメンテナンスを行ないます。

法人 ⇒

改正後の法人税申告書別表に対応します。ただし、改正がない場合及び改正のない別表については、プログラムの修正は実施しません。

個人事業 ⇒

個人事業者の決算書のうち、「減価償却の計算」部分に様式変更があった場合には、新様式に対応するための修正を実施します。

随時のメンテナンス … 機能強化や、不具合の修正などに対応します。

 バージョンアップの際は、ユーザー様にはその旨をメールで連絡致します。

通常のバージョンアップは無料です ⇒ パスワードの変更はありません。 

平成19年のように大幅な制度改正時は有料です ⇒ パスワードを変更します。

■ 減価償却主任(旧品)のユーザー様へ

減価償却主任(旧作品)は2014年12月12日に取扱を終了しました。旧作品のバージョンアップは今後実施しません。

減価償却主任のユーザー様は減価償却主任se への切替えをお願いします(無償です)。

減価償却主任se への切替では

◆ パスワードは共通です。旧作品がインストール済みのPCに減価償却主任seをインストールする場合、パスワード入力は不要です。

◆ 固定資産管理の範囲、作成可能な帳票類は両者共通です。

旧作品と 減価償却主任se (及びSD減価償却)ではデータの互換性がありません。旧作品で作成したデータを  減価償却主任se (又はSD減価償却)のフォルダにコピーしても、文字化けを起こします。

減価償却主任se への切替え時期は各自ご判断ください。

「減価償却主任(旧)」のユーザー様で、「SD減価償却」への切替をご希望の場合は、¥4,320(税込み)のご負担で SD減価償却 を提供致します。

下記項目をご記入のうえ  admin@kyousinkai.jp  あて、お申し込みください。

 ◆ 件名 SD減価償却への切替 

 ◆ お名前(会社名・担当者名)及び電話番号

 ◆ メールアドレス  

 ◆ ベクターから購入時の「お申込番号」 (ベクターから減価償却主任(旧)をご購入のユーザー様でユーザー登録されておられない場合)

ダウンロード及び新規お申し込みは、 減価償却主任se SD減価償却 からお願いします。


◆ ソフト一覧